【ミュージックアーティストのためのFacebookとSNS活用講座】開催しました。

昨日は、「-30日で100人のファンを作る-明日のスターを目指すミュージックアーティストのためのFacebookとSNS活用講座 第1回目:ファンの心をつかむためのSNSの使い方」を開催しました。
弊社芸能プロダクション事業部のリーフマネジメントでは、アーティストのマネジメント業務を行っています。
自社所属アーティストのみならず、多くの明日のスターを目指すアーティスト達と接する機会が多い中で、なにか彼らの役に立つことができないかと思った中から企画され開催に至りました。
普段はマネージング業務が中心ですから、このようなイベントを開催したのは初めてなんです。
祝・開催、おめでとう!!!!


アーティストとは、ファン、あるいはファンになってくれるかもしれない潜在見込客から「共感」「支持」を受けることがなにより大切な、いわゆる人気商売です。
「ネットでの存在感が無いならば、いないも同じ」と、とられてしまう今日その活用は必須の課題です。

一方で、FacebookやTwitter、LINE、その他のSNSも含めて、みんな当たり前に使ってるけど、アーティストとして意図をもって使っているのか、というとそうでもない。

「そのSNSの持つ力を改めて確認し、アーティストとしての情報発信を意識して行おう!」というのが今回の開催趣旨です。

連続全5回の講師を務めてくれるのが高橋暁子さん。
現在はITジャーナリストとして多数の著作を持ち、企業からの講演依頼などで多忙な方ですが、じつは彼女が第1冊目の著作を出版する前からのお友達です。
彼女自身が「作家・ライターとして身を立てたい」と努力をしていた頃を知っているからこそ、明日のスターを目指すアーティストたちの目指すべき一つのモデルになるのではないかと、お願いさせていただきました。

やはりその狙いは的中。
ワーク込みの2時間はとても有意義なものになりました。
参加者は自分自身の強みや発信すべき情報を探し出すべく、自分自身と真剣に向き合っていました。
「何を発信するか」ではなく「どういう自分が発信するか」ということを意識できたんじゃないかなあと思います。

テクニックの面では、初回なので「SNSとは何か」という初歩の部分でしたので、物足りなかったという意見もありますが、だからこそ「早く次をやってほしい」という絶賛の声が多いです。

告知の期間が短かったり、どこの馬の骨ともわからない弊社が主催するセミナーですから近寄りがたい面のあるかもしれません。
しかし、だからこそ今回参加したのは意識・意欲の高いアーティストばかり。成功の秘訣はチャンスをつかもうとするこんな姿勢にもあるのかもしれませんね。
今後ともさらなる応援していきたいと思います。

次回は、6月26日(木)「第2回目:存在をアピールするためのSNSでの投稿の仕方」を予定しています。
途中からでも参加OKです。
近日、イベントページは公開予定。興味あるアーティストはぜひ参加してみるといいですよ。

 

関連記事

  1. 人材天国ニッポン!初音ミクに見るクリエイターのコラボレーション

  2. 【第3回目:マキコミ力でファンもメディアも巻き込もう】-30日で100…

  3. 日本のオタク文化は未来の浮世絵だ!

  4. -30日で100人のファンを作る- 明日のスターを目指すミュージックア…

  5. 【第2回目:存在をアピールするためのSNSでの投稿の仕方】-30日で1…

  6. 【第4回目:マキコミ力でファンもメディアも巻き込もう】-30日で100…